deepla deepla

Development of useful applet application.

トップ > OSカスタマイズ - Basix 6.0

Basix 7.0

Ubuntu24.04ベース・LXDEディスクトップを使用したLinuxです。インストール直後のメモリー使用量は非常に少なく、 旧PCのOSとして利用する選択肢の一つです。初期状態では、アプリケーションがほとんど入っていないので、 インストール後にお好みのアプリケーションをインストールします。

インストール直後にすること

言語サポートのインストール

言語サポートをインストールします
  1. 端末で、以下のコマンドを実行します
    $ sudo apt install language-selector-gnome

初期パーミションの変更

新たに作成したファイルやディレクトリの初期パーミションのデフォルトが「002」になっているので「022」に変更します
  1. 端末で、以下のコマンドを実行します
    $ sudo mousepad /etc/profile
  2. 末尾に以下の内容を追加し、保存します
    umask 022
  3. 再ログインします

ノートパソコンを閉じたときの処理

デフォルトでは[画面のロック]になっているので[サスペンド]に変更します
  1. メニュー→[設定]→[電源管理]を選択します
  2. [一般]タグの[ラップトップ蓋]の[ラップトップの蓋が閉じられたとき]をバッテリー駆動部分を[ハイバネード]、AC接続部分を[サスペンド]に変更します
  3. [閉じる]をクリックします

ログイン画面の壁紙を変更

/etc/lightdm/lightdm-gtk-greeter.confファイル内のbackground値を特定の画像ファイル名に変更します
  1. 端末で以下のコマンドを実行します
    $ sudo mousepad /etc/lightdm/lightdm-gtk-greeter.conf
  2. backgroundの値(画像ファイル名)を変更し、保存します
    background=/home/hoge/ピクチャ/sample.jpg # 画像ファイルのフルパス
注意: 初期パーミションが変更されていない場合、新たな画像を読み取ることができません

マウスホイールのデスクトップ切替を無効にする

  1. ~/.config/openbox/lxde-rc.xmlファイルを開きます
    $ mousepad ~/.config/openbox/lxde-rc.xml
  2. 616行付近の以下の内容箇所をコメントアウトします
    <!-- <mousebind button="Up" action="Click">
      <action name="DesktopPrevious"/>
    </mousebind>
    <mousebind button="Down" action="Click">
      <action name="DesktopNext"/>
    </mousebind> -->
    
    先頭に"<!--"、末尾に"-->"を付けます
  3. openboxを再起動、または再ログインします
    $ openbox --restart

10分後に画面がブランクになるのを調整

  1. メニュー→[設定]→[電源管理]を選択します
  2. [表示]タグの[バッテリ駆動]及び[AC接続]から[電源を切断するまでの時間]のバーを調整して[閉じる]をクリックします

起動時のブートローダー時間の変更

Windowsとデュアルブートの場合に関係します
  1. エディタでgrubを開きます
    $ sudo mousepad /etc/default/grub
  2. GRUB_TIMEOUTの値(秒)を変更し、保存します
  3. update-grubコマンドを実行します
    $ sudo update-grub

comptonのインストール

ウィンドウに効果(影をつけたり、フェードインアウト等)をつけることができます。 xcompmgrとは違い、指定ウィンドウに効果をつけない機能があります(ConkyやDockを使っている場合こちらのほうが便利です)
  1. 端末で下記のコマンドを実行し、[compton]をインストールします
    $ sudo apt install compton
  2. comptonを自動起動させます

    ・端末で、下記のコマンドを実行します

    $ mousepad ~/.config/lxsession/LXDE/autostart
    ・下記を追加します
    @compton

  3. comptonの設定ファイル(~/.config/compton.conf)を追加します

    ・端末で、下記のコマンドを実行します

    $ mousepad ~/.config/compton.conf
    ・ファイルの内容(例)
    # Shadow
    shadow = true;
    no-dnd-shadow = true;
    no-dock-shadow = true;
    clear-shadow = true;
    shadow-radius = 12;
    shadow-offset-x = -15;
    shadow-offset-y = -15;
    # shadow-opacity = 0.7;
    # shadow-red = 0.0;
    # shadow-green = 0.0;
    # shadow-blue = 0.0;
    shadow-exclude = [
     "n:e:Notification",
     "n:e:Docky",
     "g:e:Synapse",
     "g:e:Conky",
     "n:w:*Firefox*",
     "n:w:*Chromium*",
     "n:w:*dockbarx*",
     "class_g ?= 'Cairo-dock'",
     "class_g ?= 'Xfce4-notifyd'",
     "class_g ?= 'Xfce4-power-manager'",
     "class_g ?= 'Notify-osd'",
     "class_g ?= 'Wine'",
     "_GTK_FRAME_EXTENTS@:c"
    ];
    shadow-ignore-shaped = false;
    
    # Opacity
    menu-opacity = 1;
    inactive-opacity = 1;
    frame-opacity = 1;
    inactive-opacity-override = true;
    alpha-step = 0.06;
    
    # Fading
    fading = true;
    fade-delta = 40;
    fade-in-step = 0.25;
    fade-out-step = 0.20;
    fade-exclude = [ "g:si:cairo-dock" ];
    # no-fading-openclose = true;
    
    # Other
    mark-wmwin-focused = true;
    mark-ovredir-focused = true;
    use-ewmh-active-win = false;
    detect-rounded-corners = true;
    detect-client-opacity = true;
    refresh-rate = 0;
    vsync = "none";
    dbe = false;
    paint-on-overlay = false;
    sw-opti = false;
    unredir-if-possible = false;
    
    # OpenGL
    # backend = "xrender";  # (or "glx")
    # glx-no-stencil = true;
    # glx-no-rebind-pixmap = true;
    
    # Window type settings
    wintypes:
    {
    tooltip = { fade = true; shadow = false; opacity = 0.85; };
    dropdown_menu = { fade = true; shadow = false; };
    popup_menu = { fade = true; shadow = false; };
    };
    
    
    OpenGLを用いる場合、OpenGLライブラリ(libglu1-mesa-dev)が入ってなければインストールし、[# OpenGL]以下(58~60行部分)のコメントアウト"#"を外して保存します。 ラグがひどい場合は、58行目の"xrender"を"glx"に変更してください。

  4. 再ログインします

Conkyのインストール

デスクトップにシステムモニターを貼り付けることができます
  1. 端末で、下記のコマンドを実行してインストールします
    $ sudo apt install conky-all gcal
  2. conkyを自動起動させます
    • 端末で、下記のコマンドを実行します
      $ mousepad ~/.config/lxsession/LXDE/autostart
    • 下記を追加し、保存します
      @conky
  3. conkyの設定ファイル(~/.conkyrc)を追加します
    • 端末で、下記のコマンドを実行します
      $ mousepad ~/.conkyrc
    • ファイルの内容(例)
      #======================================================
      # .conkyrc for Basix(LXDE)
      #======================================================
      use_xft yes
      xftfont Ubuntu Mono:size=10
      xftalpha 1
      own_window yes
      own_window_type normal
      own_window_class Conky
      own_window_transparent no
      own_window_argb_visual yes
      own_window_argb_value 0
      own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
      double_buffer yes
      alignment top_right
      gap_x 5
      gap_y 30
      maximum_width 154
      update_interval 2.0
      total_run_times 0
      background yes
      border_width 1
      cpu_avg_samples 2
      default_color lightgray
      default_outline_color lightgray
      default_shade_color lightgray
      draw_borders no
      draw_graph_borders yes
      draw_outline no
      draw_shades no
      minimum_size 5 5
      net_avg_samples 2
      no_buffers yes
      out_to_console no
      out_to_stderr no
      extra_newline no
      stippled_borders 0
      uppercase no
      use_spacer none
      show_graph_scale no
      show_graph_range no
      TEXT
      Today ${hr}
      ${font size=20}${time %Y  %m/%d  %H:%M}${font}
      #------------------------------------------------------
      # Install gcal
      Calendar ${hr}
      ${execi 600 gcal --type=standard -s Su | grep -v "^ *$" | colrm 23 26 | colrm 45 48}
      #------------------------------------------------------
      System ${hr}
      Kernel:${alignr}$kernel
      Processor:${alignr}${scroll 12 1 ${execi 1000 cat /proc/cpuinfo | grep 'model name' | sed -e 's/model name.*: //'| uniq}}
      ${color lightgray}CPU: $cpu%${alignr}${freq} MHz
      Temp. ${acpitemp}C
      ${cpugraph 20}
      RAM ${alignr}$mem / $memmax
      ${alignr}($memperc%)
      ${membar 10}
      Swap ${alignr}$swap / $swapmax
      ${alignr}($swapperc%)
      ${swapbar 10}
      HDD ${alignr}${fs_used /} / ${fs_size}
      #------------------------------------------------------
      # Install hddtemp
      # $ sudo chmod u+s /usr/sbin/hddtemp
      # Temp. ${execi 60 hddtemp /dev/sda -n -unit=C}C ${alignr}(${fs_used_perc /}%)
      #------------------------------------------------------
      ${fs_bar 10 /}
      Host name:${alignr}$nodename
      IP Addr.:${alignr}${addr wlan0}
      Network Up ${upspeed wlan0}
      ${alignr}Down ${downspeed wlan0}
      ${upspeedgraph wlan0 20,73} ${downspeedgraph wlan0 20,73}
      DiskI/O Wrt ${diskio_write}
      ${alignr}Read ${diskio_read}
      ${diskiograph_write 20,73} ${diskiograph_read 20,73}
      Highest CPU $alignr CPU%
      ${top name 1}$alignr${top cpu 1}
      ${top name 2}$alignr${top cpu 2}
      ${top name 3}$alignr${top cpu 3}
      Highest MEM $alignr MEM%
      ${top_mem name 1}$alignr${top_mem mem 1}
      ${top_mem name 2}$alignr${top_mem mem 2}
      ${top_mem name 3}$alignr${top_mem mem 3}
      
      
      wlan0で記述している箇所は、[ip addr show]コマンドを実行して、当てはまるネットワークドライバーに変更します
  4. 再ログインします

Dock(Plank)のインストール

Dockの中でも、軽量なPlankを使用します
  1. 端末で、下記のコマンドを実行してインストールします
    $ sudo apt install plank
  2. Plankを自動起動させます

    ・端末で、下記のコマンドを実行します

    $ mousepad ~/.config/lxsession/LXDE/autostart
    ・下記を追加します
    @plank
    

  3. 再ログインします
  4. Plankの設定は、[Ctrl]キーを押しながら、Dockを右クリックして[設定]を選択します

ファイアウォールの有効化

  1. 端末で、下記のコマンドを実行してインストールします
    $ sudo apt install gufw
  2. メニュー→[設定]→[ファイアウォール設定ツール]を選択します
  3. ステータスを[オン]にして、Incomingでdeny(外部から入ってくるパケットは全て拒否)にします

GDebi(debパッケージインストーラ)のチェッカーをアンインストール

lintianパッケージ(Debianパッケージチェッカー)がインストールされていると、 自動的にパッケージのチェックを行うので重くなります。 特に必要というものではないのでアンインストールします。
$ sudo apt remove lintian

GPicView(イメージビューアー)の設定

GPicViewはインストールされているのですが、デフォルトのアプリとして設定されていないので、設定します
  1. メニュー→[設定]→[LXSessionのデフォルトのアプリケーション]を選択します
  2. [立ち上げるアプリケーション]項目の[画像ビューアー]を[イメージビューア]に変更します
  3. [LXSession 設定]を閉じます

Evince(PDFビューアー)のインストール、及び設定

  1. Synapticパッケージマネージャを使ってEvinceをインストールします
  2. 再ログインします
  3. メニュー→[設定]→[LXSessionのデフォルトのアプリケーション]を選択します
  4. [立ち上げるアプリケーション]項目の[PDFリーダー]を[ドキュメントビューアー]に変更します
  5. [LXSession 設定]を閉じます

Thunderbird(メーラー)のインストール

ただインストールしただけでは、日本語表示になりません
  1. Synapticパッケージマネージャを使ってThunderbirdをインストールします
  2. 2.[設定]→[言語サポート]を実行すると[言語サポートが完全にはインストールされていません]とメッセージがでるので [インストール(I)]ボタンをクリックします
備考: LibreOffice,GIMPも同様にインストールしただけでは日本語になりません

マルチメディア

Ubuntu 18.04からGNOME MPlayerが使用できなくなったので、別のものを使用します

広告リンク

その他のバージョン

Basix入手先

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system