deepla deepla

Development of useful applet application.

トップ > OSカスタマイズ - Ubuntu系関連(トラブルシューティング)

Ubuntu系関連(トラブルシューティング)

image image Ubuntu系を運用する際に発生するであろう問題の解決方法を紹介します。

[項目]

起動時のブートローダー時間の変更(Windowsとデュアルブート時)

  • エディタでgrubを開きます
    $ sudo leafpad /etc/default/grub
  • GRUB_TIMEOUTの値(秒)を変更し、保存します
  • update-grubコマンドを実行します
    $ sudo update-grub
  • Linux/Windowsデュアルブート環境時における時刻のずれ

    原因

    MacOSではUTC、Windows8.1まではlocaltime、Windows10ではUTC、Unix系では既定無し(UTCが使われることが多い)が、 デフォルトとして設定されている為。Windows7、または8から10へアップデートした場合は、localtimeのままである。

    対策

    ハードウェアクロックがlocaltimeだと、サマータイムの切替時に時刻がおかしくなることがあるらしいので、時刻系は、UTCを用いるのが望ましい
    1. Windows上でコマンドプロンプトを管理者で実行し、以下のコマンドを実行します
      reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation /v RealTimeIsUniversal /t REG_DWORD /d 1
    2. 再起動します
    参考: http://d.hatena.ne.jp/gin135/20140304/1393943319

    サウンドカードが2種類以上ある状態で、デフォルトのサウンドカードを変更する

    1. 端末でcat /proc/asound/cardsを実行し、搭載されているサウンドカードを確認します
      $ cat /proc/asound/cards
        0 [HDMI           ]: HDA-Intel - HDA Intel HDMI
                             HDA Intel HDMI at 0xf0630000 irq 48
        1 [PCH            ]: HDA-Intel - HDA Intel PCH
                             HDA Intel PCH at 0xf0634000 irq 47
      
    2. ~/.asoundrcファイルを新規作成します(ここではデフォルトのサウンドカードをPCHに変更します)

      [端末入力]

      $ leafpad ~/.asoundrc
      [変更内容]
      pcm.!default {
          type hw
          card PCH
      }
      ctl.!default {
          type hw
          card PCH
      }
      
    3. PulseAudioがインストールされていなければ、Synapticパッケージマネージャを使用してPulseAudioをインストールします
    4. 再ログインします

    Bluetooth機器の接続(Windowsとデュアルブート環境)

    1. タスクバーにある[Bluetooth]アイコンを左クリックし、[Add Device...]を選択します
    2. Bluetooth機器のペアリングボタンを押します
    3. Bluetoothデバイスリストに該当のデバイスが表示されたら、該当デバイスをクリックし、[Pair]ボタンをクリックします
    4. "Connected successfully"メッセージが表示されれば接続完了なので、[OK]ボタンをクリックします
    Windowsとデュアルブート環境の場合、以下を続けて実行します
    1. 再起動して、Windowsを起動します
    2. Windows上でペアリングします
    3. Windowsを再起動します(以前のキーがレジストリィに残っているため)
    4. http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897553.aspx からPsExecをダウンロードして適当な場所に展開します
    5. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、展開したディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します
      .\psexec.exe -s -i regedit.exe
    6. レジストリエディタが起動します。以下のレジストリの場所に、MACアドレスがあるので、MACアドレスとBDアドレスとリンクキーを控えます(キー名がBDアドレス、REG_BINARY型の値がリンクキーとなる)
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\services\BTHPORT\Parameters\Keys\
      キーが表示されていない場合は、Windowsを再起動して、再度確認します
    7. 再起動して、Linuxを起動します
    8. 端末で以下のコマンドを実行してinfoファイルを開きます
      $ sudo leafpad /var/lib/bluetooth/MACアドレス/BDアドレス/info
      例: $ sudo leafpad var/lib/bluetooth/XX:XX:XX:XX:XX:XX/YY:YY:YY:YY:YY:YY/info MACアドレスとBDアドレスのアルファベットは大文字で入力します
    9. infoファイル内のKey値をWindowsで控えたキーに置き換えて、保存します
    10. Linuxを再起動します

    Bluetooth機器とベアリンクできない

    bluetoothアプレットを利用して接続しても、不安定(接続、未接続を繰り返す)になったり、bluetoothctlコマンドを使用しないと検出できない機器が存在します
    1. 端末を起動し、以下のコマンドを実行します
      $ bluetoothctl
    2. 対話モードになるので、この状態で以下のコマンドを実行します
      scan on
    3. 検出されたら、表示されたMACアドレスを利用して、以下のコマンドを実行します
      pair XX:XX:XX:XX:XX:XX
      connect XX:XX:XX:XX:XX:XX
      trust XX:XX:XX:XX:XX:XX
      				
      X:XX:XX:XX:XX:XXはMACアドレス
    4. ペアリングが完了したら、"exit"と入力して対話モードを終了します

    モニターの解像度が自動で設定されない場合(VGAで表示されてしまう場合)

    以下の内容はDELL 2001FPモニター使用の場合の例です

    Lubuntu(LXDE)の場合

    1. 端末で、下記のコマンドを実行してlightdm.confファイルを変更します
      $ sudo leafpad /etc/lightdm/lightdm.conf
    2. 末尾に以下を追加し、保存します
      [SeatDefaults]
      display-setup-script=/etc/lightdm/lightdm_display.sh
      
    3. 端末で、下記のコマンドを実行してlightdm_display.shファイルを作成します
      $ sudo leafpad /etc/lightdm/lightdm_display.sh
    4. 以下を追加し、保存します
      xrandr --newmode "1600x1200_59.87"  160.75  1600 1712 1880 2160  1200 1203 1207 1244 -hsync +vsync
      xrandr --addmode VGA-1 "1600x1200_59.87"
      xrandr --output VGA-1 --mode "1600x1200_59.87" --right-of DVI-D-1
      
      ※ VGA-1やDVI-D-1などのデバイス名はxrandrコマンドで確認できます
    5. 端末で、下記のコマンドを実行してlight_display.shのパーティションを実行形式に変更します
      $ sudo chmod 755 /etc/lightdm/lightdm_display.sh
    6. 再起動します
    7. [メニュー]→[設定]→[モニターの設定]を選択します
    8. ディスプレイの設定ダイアログの[解像度:]を[1600x1200_59.87]に変更し、[適応]ボタンをクリックします
    9. [すべてOKですか?...]とダイアログが表示されるので[OK(O)]ボタンをクリックします
    10. ディスプレイの設定ダイアログの[保存(S)]ボタンをクリックします
    参考: https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/HowToChangeMonitorResolution

    Ubuntu、Lubuntu(LXQt)の場合

    管理者権限で"/etc/profile.d"ディレクトリに、拡張子".sh"を持つ任意のファイル名を作成し、上記の内容(xrandeが含まれている文章)を書き込みます。

    SSDの延命処理

    HDDではなく、SSDを使用している場合、SSDの延命処理をします
    1. 端末で"sudo leafpad /etc/sysctl.conf"を実行し、ファイルに以下を追加し、保存します
      vm.swappiness = 0
      vm.dirty_writeback_centisecs = 1500
      
    2. 端末で"sudo leafpad /etc/fstab"を実行し、ファイルに以下の部分を修正および追加し、保存します
      UUID=aaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee / ext3 relatime,errors=remount-ro 0 1
      tmpfs /tmp tmpfs defaults,size=512m 0 0
      
      一行目はrelatime、二行目のtmpfs...はそのまま追加します
    3. 再起動します

    Bluetoothマウスを使用時に、数秒間アイドル状態にしてから移動すると、顕著に遅れが発生する

    1. 端末で以下のコマンドを実行して、改善されるか確認します
      $ sudo su -
      # readlink -f /sys/class/bluetooth/hci0
      /sys/devices/pci0000:00/0000:00:1d.3/usb5/5-1/5-1:1.0/bluetooth/hci0
      # cd `readlink -f /sys/class/bluetooth/hci0`
      # cd ../../../power/
      # echo on > level
      # exit
      $
      
      上記のコマンドで遅れ(ラグ)が生じなくなった場合、次に進みます
    2. 端末で以下のコマンドを実行し、bt-tune-autosuspend.shファイルを作成します
      $ sudo leafpad /etc/bt-tune-autosuspend.sh
    3. bt-tune-autosuspend.shファイルに以下の内容を記述し、保存します
      #!/bin/bash
      
      cd `readlink -f /sys/class/bluetooth/hci0`
      cd ../../../power/
      echo on > level
      
      
    4. 端末で以下のコマンドを実行し、rc.localファイルを作成します
      $ sudo leafpad /etc/rc.local
    5. rc.localファイルに以下の内容を記述し、保存します
      #!/bin/sh
      
      /etc/bt-tune-autosuspend.sh
      
    6. 各々のファイル権限を変更します
      $ sudo chmod u+x /etc/rc.local
      $ sudo chmod u+x /etc/bt-tune-autosuspend.sh
      
    7. 再起動します
    注意: サスペンド状態から復帰したら、ラグが再度発生します
    参考: https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=570291

    シャットダウン時に'A stop job is running for Session c2 of user ...'のメッセージが表示され、シャットダウンに時間がかかる問題

    以下の設定で、デフォルト(1分30秒)を15秒に変更します
    1. 端末で以下のコマンドを実行し、/etc/systemd/system.confファイルを編集します
      $ sudo leafpad /etc/systemd/system.conf
      編集内容(文頭のコメントアウト'#'を外すことを忘れないようにします)
      DefaultTimeoutStartSec=15s
      DefaultTimeoutStopSec=15s
      
    2. 端末で以下のコマンドを実行します
      $ sudo systemctl daemon-reload
    参考: https://unix.stackexchange.com/questions/273876/a-stop-job-is-running-for-session-c2-of-user

    起動時にblueman-tray関連の内部エラーが発生する

    原因

    blueman-trayのバグ

    対策

    端末で以下のコマンドを実行します
    $ ls -ald ~/.cache
    $ ls -al ~/.cache/blueman-*
    $ killall blueman-tray
    $ rm  ~/.cache/blueman-*
    $ blueman-tray
    
    参考: https://ubuntu-mate.community/t/20-04-blueman-tray-causes-internal-error/21680

    ファイルマネージャから"smb://..."で古いNASに繋がらない

    原因

    Ubuntu系20.04からSambaClientのデフォルト値でSMB1に対応していない

    対策

    管理者権限を用いて、テキストエディタで/etc/samba/smb.confファイルの[global]セクションに"client min protocol = NT1"を追加します
    [global]
       client min protocol = NT1
    
    メモ: セキュリティ上、SMB1を使用しないほうが好ましい。
     ubuntuやxubuntuのように、/etc/samba/smb.confファイルがない場合があります。その場合、sambaがインストールされていないと思われますので、 "dpkg -l | grep samba"コマンドで確認し、もしSambaがインストールされていなかったら、"sudo apt install samba"コマンドでインストールして、 /etc/samba/smb.confファイルを編集します。
    参考: http://www.samba.gr.jp/project/translation/current/htmldocs/manpages/smb.conf.5.html

    システムトレイにアイコンが表示しない(Ubuntu)

    原因

    システムトレイは「レガシー扱い」となって、Ubuntuの17.10から取りやめになっています

    対策

    1. Gnome Tweaksが入っていなければ、インストールします
      $ sudo apt install gnome-tweak-tool
    2. 端末で次のコマンドを入力して、gnome-shell-extension-top-icons-plusをインストールします
      $ sudo apt install gnome-shell-extension-top-icons-plus
    3. Tweaksを起動し、[拡張機能]の[Topicons plus]をオンにし、歯車(設定)ボタンクリックします
    4. [Tray horizontal alignment]を[Right]に設定し、設定ウィンドウを閉じます
    参考: https://www.howtoinstall.me/ubuntu/18-04/gnome-shell-extension-top-icons-plus/

    起動時に「システムプログラムの問題が見つかりました」ダイアログが表示される

    対策

    1. 端末で次のコマンドを入力します
      $ sudo rm /var/crash/*
      $ sudo sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/default/apport
      

    Wi-Fiの速度が遅い(主にアップロード) - Ubuntu系18.04LTS

    原因

    802.11nおよびiwlwifiIntelチップに何らかの問題がある場合があります

    対策

    802.11nをオフにします
    1. 端末で次のコマンドを入力します
      $ sudo modprobe -r iwlwifi
      $ sudo modprobe iwlwifi 11n_disable=1
      
    2. 改善が見られたら、以下のコマンドで永続的に設定します
      $ echo "options iwlwifi 11n_disable=1" | sudo tee /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
      

    ホームディレクトリ内のディレクトリ名表記を英語から日本語に切り替え

    1. 端末で次のコマンドを入力します
      $ xdg-user-dirs-update --force
    2. 再ログインします
    3. 英語フォルダにデータがある場合は、日本語フォルダに移動します
    4. 英語フォルダを削除します

    起動時に"ima: error communicating to tpm chip"が表示される

    BIOSでTPM(Security Chip)が無効になっているので有効にします

    広告リンク

    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system